安全に高収入を!女性が安心して勤められる優良風俗店の探し方を徹底解説!

風俗に勤める上で必要なルールとブラックな店の見分け方

風俗店で勤める際に守るべきルールとは?

風俗店にも、勤める上で女性側が守るべきルールはあります。

遅刻や無断欠勤などはもちろん厳禁ですが、他にも客との連絡先交換や店外で会うことの禁止。
風紀違反とされる男性スタッフとの交際の禁止。
また女性スタッフ同士の連絡先交換を禁止する店もあります。
これらは女性にきちんと勤めてもらって店の利益を確保することと、様々なトラブルから女性を守るという双方の理由があります。
妥当なルールであればしっかり守るべきです。

しかし店によっては、ルール違反をした場合は罰金を取る場合もあります。
これは女性の側が安易な気持ちで勤めてルールを守らない場合もあるので仕方がない面もありますが、法律上、日給の半額や月給の10パーセントを越える減給は違法になります。
過剰な罰金を設けている場合は、悪質な店の可能性があるので勤めるのは避けたほうがいいでしょう。

勤めた風俗店でトラブルに見舞われたら

風俗もそれ以外の職業も、仕事に違いはありません。
ただ逆に言えば、心無い人間によるパワハラ、セクハラやストーカーなどのリスクは、風俗にもそれ以外の職業にも等しくあり得ます。
特に風俗では、不特定多数の客との性的な接触や、働いていることを内密にしておきたいなど、もし悪質な人間がいれば、付け入られやすい要素があるのも確かです。
必要のない相手に、安易に連絡先や個人情報を教えないなど、自分の身は自分で守ることが重要です。

もし店そのものがブラック、またスタッフに悪質な人間がいる場合などは、店長や経営者などより立場が上の人間に相談するか、早急にやめてしまうのも自衛のために重要です。
脅迫や暴力、ストーキングなど明らかな犯罪に巻き込まれた場合は、録音などの証拠を確保し、すぐさま警察に訴える勇気も必要でしょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ